人生を迷走中

その辺に転がってる底辺オタクによる掃き溜め

VAZZROCK LIVE 2018 での白井悠介さんについて

※この記事は白井さんファンによる築二葉くん役の白井さんについてしか語ってないです。

他キャストの感想求めてる方は回れ右ー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今年Mマスもアイナナもヒプマイも諸々あってライブには一切行けてなかったので久しぶりの白井さんのライブもの参戦となりました。

 

本題入る前にパフォーマンスについて言及しますが、元々感情の高ぶりが全身に出る人ではあったけど、ステージで「魅せる」ということがあそこまで出来るようになってたんだ!?と驚いてしまいました。

ただの振り付けで終わらず、魅せたいものが明確に伝わってくるパフォーマンスで、あと指先のような細かな部分の使い方まで覚えてー!!!

防衛部からコンスタントに歌もののご出演があったわけだけども、パフォーマンスを「魅せること」にまで気を回せる方ってそんないらっしゃらないので、白井さんがちゃんと「魅せて」下さる方だと知れて純粋に嬉しかったです。

 

 

 

 

さてさて本題に。

白井さんの二葉くん観が昨日のライブまでちょっとみえてこなくて怯えていたんですけど笑、思った以上におっとり可愛い系に寄っていてびっくりしました。そうか、可愛いな、可愛いよ二葉くん(?)

でもVAZZYの「しっとり担当その2」なんだね?笑 凰香ちゃんはわかるけど優馬くんじゃなくて二葉くんがしっとりなんだ〜と意外でした。

しかし昨日はキャスコメ含め二葉くんトーン貫いててウワッ……可愛い……ってずっとなってました笑

 

 

歌について。(ここから長いです)

ユニット曲と、あとポーカーフェイス!ポーカーフェイスめっちゃよかった!二葉くんが一番明確に降りてきてたし死ぬほど可愛かった。早く音源が欲しいよー。

あと激走ラストのソロ部分歌詞間違えてましたよね?高まり過ぎたのかな笑

 

 

 

問題はソロ曲のもし神ですね。

元々白井さんって立ち上がり苦手な方だけど、もし神は二葉くんで歌うには少し歌いにくい(原曲もそんなに二葉くんのトーンで歌ってないですし)のかなとは思いつつ。

 

まー1番は特にズタボロでしたね!言葉は選びません!2番以降多少持ち直したけどまあ不安定だったかな。

2番以降は高音は割と出てたけど低音が出てなかったので、他の曲が二葉くんのキーで作ってたから余計低音でなかったのかなーと予測。普段はむしろ低音のが安定してる方ですけどね。

 

 

ただそのことについて、勝手にもし神のことだと仮定してるけど、白井さんから「個人的な反省」という言葉が出てきたのがこれまでとの歌もの作品からの大きな変化だなって思いました。

 

 

思えば3月のダブルディアストーリーズでゆーめいくのお二人と共演した時にも少し変化は見られてたけど、去年くらいまで白井さんの中で(ちゃんと取り組まれてはいたけど)歌はある種おまけというか、声のお芝居への付随事項でしかなかったと思うんですよ。

でもライブの機会が目に見えて増えて、その中で周りが歌唱を鍛えていくことに焦りみたいなのがみえていたのが3月で、だからあの日ステージ上では「俺ら(山中さん)もユニットやりません?」と言い出しておいて後々番組で撤回したのはもしかして悔しさ故かな?と少し思っていたのですが。

 

 

ツイッターで珍しく「個人的な反省」と書いていたのは、本当に昨日ステージでソロを歌いこなせなかったのが死ぬほど悔しかったからだと思うんです。個人的にもファンとして悔しかったし、上手く歌えないジレンマがステージ上から伝わっていたので。

 

 

でも歌についても悔しいという感情が出てきたのは、一つチャンスですよね。

 

 

 

これまでの白井さんの中に「歌」に関しては悔しいという感情は生まれてくるわけがなかったんですよ。言ってしまえばおまけなわけだし。

 

それに対して私も中途半端に歌を上手くなろうと手を出されるよりは、それよりも声のお芝居をしっかり見据えてほしかったし、歌に注力することで声のお芝居を疎かにだけはしてほしくなかったから、歌は白井さんの中でおまけであるなら、まあそれでも仕方ないよねで済ませていたんですね。

 

 

 

でも今白井さんの中で歌えなくて悔しい気持ちが芽生えたのなら、私は歌も真剣に鍛えて欲しいと思います。

 

 

 

一つは、今年目に見えて演技が変化して、これまで感覚でしかなかった白井さんの中での演技のあり方、みせたいと思うものがある程度明確に見えてきていて、それがしっかり音に乗るようになってきたと思ったから。

まだまだ伸ばしていって欲しいものはあるけれども、あの人の中で確立できてきたものがそう簡単に揺らぐとは思えないので、そろそろ他に目を向けても大丈夫ではと思えるから。

 

 

 

もう一つは、単純にあの才能を眠らせとくの勿体ないという私のわがままですね。

このブログでも度々言ってたましたが、白井さんの表現力は歌でも発揮されているし、多分めちゃくちゃ音感もいい方なんですよ。

歌詞だけでなくメロディーの情感まで汲み取って歌声に落とし込めるっていうのは一つの才能であるわけで。

あの人みがけば他の誰もが表現できない、誰しもが踏みこめるわけではない、歌を歌い上げられるポテンシャルを秘めているんですよ。ダイヤモンド(キャラ的にはトパーズですけど)の原石なんですよ。

原石を磨く気があるならそりゃもう磨くしかないし、磨いてほしいなっていう笑

 

今の白井さんなら歌にも意識を向けたくらいで白井さん自身の役者としての芯がぶれることはないし、歌を歌えなくて悔しい気持ちがあるんなら私は今なら是非やって!歌でも白井さんの持ち得る才能を思う存分発揮できる実力を身につけてほしいと心から思っています。

 

 

そしてもちろん他の歌もの作品でもだけど、きっと次回があるだろう「VAZZROCK」のライブの場で雪辱を晴らして欲しいと思っています。私も白井さんの今日のリベンジ待ってるよー!

 

 

 

 

 

……最後に。この件については言及するかめちゃくちゃ迷いましたがあえて書きます。

築兄弟としての振る舞いについて。

 

これはユニットCDの感想でも書いたけど、どちらかというと演技での掛け合いが得意ではない白井さんが、掛け合いだったらしいユニットCDでの山中さんとのやりとりに関しては、キャラも間合いの取り方も、むしろ掛け合いしてる方が二葉くんに入り込めているなーと元々感じていたわけですが。

(気になる方は過去ログ漁ってください)(不親切)

 

 

これだけは断言できます。昨日の白井さんの姿は間違いなく白井さんの中での「築二葉」の解釈です。

ただ、兄弟の距離感に関しては、相手が山中さんだったからこそだったのかなと思います。

良い悪いの話ではなくて、多分一紗さん役が山中さんじゃなかったら、昨日の他の5組のようにパフォーマンスとしての距離感で終わっていたのかなーとは思うので。激走とかね。

 

 

おしまい!

 

ハライチ岩井勇気のBLコントCD(出演:白井悠介・伊東健人) 感想

※語彙力はない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在完売してしまってますが、コミケ受かられたら再販されるそうなので、参考にしていただけたらなーと。

 

価格は会場価格で2000円。ドラマが3本あって全部で25分程度。トークが25分程度。

3本の内訳は伊東×白井っぽいのが2本(こちらは白井さんがめっちゃ喘ぐ)、

やや白井×伊東っぽいけどあんまり左右しっかりしてない感じがするのが1本(こちらはキスあり)。

 

印象としては伊東×白井っぽいのは特にアイラジの「彼氏になって囁いて」とか「こうされたいんだろ」とかの言葉遊びをBLでやってる感じ(なるほどBL「コント」)。左右しっかりしてない1本はすけべな感じが薄い代わりにドラマ感が強い。

 

ちょっとショタっぽい白井さん受け聴きたい人は買った方がいいかと。

 

 

あとトークがホントレアな話が多くて、俳優(というか顔出し)を目指されていた頃の話とか含めて興味深かったのでBLはちょっと……って方もトークのために買う価値はあると思います。

白井さんの声のカテゴライズ出来ないって話めっちゃわかるなーとか。

 

 

こんなところかな!とりあえず再販お待ちしてます。

 

ドラマCD 佐々木と宮野2(月刊コミックジーン11月号付録)感想

※語彙力はない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでささみゃードラマCD第二弾!ありがたいですねえ。今回はコミックス2巻の内容が主に収録されてました。ドラマ部分が30分くらい、キャストトークが全体で14分くらい。雑誌付録としたらかなりボリュームたっぷり。

ありがとうございます。

 

とはいえ多少内容は削られていて、でも結果小笠原先輩がよりマイルドな性格になっていて個人的には良かったかなって笑

 

ささみやのお2人、第一弾だと本人色が強いなーと感じていたのですが、今回はお二人ともより役に馴染んでいたように感じて、続編がある作品の醍醐味ですよね。キャラとキャストさんの親和性が高まるの。

 

やっぱり佐々木は電車での囁き告白シーンがもうすごく良かったなー!!!あとそれ以外のシーンも、佐々木としての繊細な感情の動きがありありと伝わってきて、良かったです。

やっぱり白井さんの演技、今年すっごくすっごく良くなったなー!元々すごく繊細な演技される方だったけど、こちらに伝わってくる物量がとても多くなった。

 

ささみゃーはやはり三巻、四巻とどんどん2人の気持ちが動いていくので、また続編なり、それこそ松岡さんも仰ってたけどアニメ化とかしてほしいですよね。特に四巻ラストは映像付きでみたい……!

あとアニメ化したら白井さんのクレジット一番上になるんですよね笑 そういう意味でも是非キャスト続投でお願いします!笑

 

 

恋するシェアハウス4~Which do you choose?~ (出演:山谷祥生・白井悠介) 感想

※当方は白井さんのファンです

※語彙力はない

 

 

 

 

 

段々なにを書いててなにを書いてないのかわからなくなってきた笑 頑張って私 11月第2週にいきなりBL二本来るんだから(まあ今月もささみやとかがあるんですけど)

 

 

 

さてさて、7月に発売された山谷さんと白井さんでヒロインを取り合う系作品(雑)な今作品。白井さんのダミヘシチュってダブルディアの特典除くと去年の被験体G以来ですっけ?案外ないんですよね。もっと出てくれていいんですよ。需要はここにあります。

 

めちゃくちゃざっくりしたシチュとしての話の流れは、フリーター(の割に金銭感覚とか一般常識に疎い)飛鳥くんがうっかり(?)電子レンジの使い方を誤ったことによりヒロインが親戚の子である廉くんの部屋か飛鳥くんの部屋に一晩お泊りすることに……という感じなのですが、そこに主に飛鳥くんの家庭事情が絡んできたりなんだりあって、軸はヒロインとの恋愛でありつつも掛け合いものとしても結構楽しかったです。

 

廉くんは高校生らしい若さが、飛鳥くんは抜けたところがありながらも大人なところはちゃんと大人で、という対比がいいですよね。やや飛鳥くん優位な気もしますけど。……というか飛鳥くん割と下心ないシーンでもヒロインちゃんに近すぎやしませんかね。御曹司だから?御曹司だからなの?笑  ヒロインちゃんもすでに満更でもなさそうだし。廉くん頑張れ。多分飛鳥くん結構ヘタレだから今頑張ればいけるぞ!笑

 

特典、ステラだけ購入したのですが両方出演形式だったんですね。うかうかしてたらメイトの特典を買いそびれてしまった。無念。

特典はどちらかと恋人になったら?というシチュエーション。ステラは飛鳥くんルート。

……なんか、やたらと、色っぽい笑  というか甘い!むずむずするわ!

全年齢シチュだからちゅー止まりなんですけど、なんか少しいけないものを聴いてる気分に笑 色っぽいシーンは少ないながら個人的には満足できました。やっぱり全年齢シチュにももっと出ましょう?私は欲しい。

 

 

フリトは流石に息のあったお二人。そいや雪国〜は定期的にやるってお話だったけど企画たち消えたんですかね()  私白井さんと山谷さんのコンビ結構好きなので、復活を地味に待ってます。

 

 

 

とりあえずこんなところかな〜!

ゆとり部下になめられています②(出演:白井悠介・興津和幸) 感想

※語彙力はない

※CD本編の感想以外の方がはるかに長いです

※当方は白井さんのファンです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでお久しぶりです。サボってばっかりで申し訳ない。来週ささみや続編だってー。……マジか。時の流れははやいなあ。

 

さてさて、某メスおにでキレ散らかして以降栗さんとは険悪な仲なんですけど、白井さんがメインで出演されている限り買わないという選択肢は取らないことにしているので、ひとまず一時休戦(一方的に笑)して冷静な気持ちで聴くことにいたしました。

 

 

元々この作品は一年半前に発売されて、白井さんメイン攻めキャラ(男はじを一カウントとすると)三人目とかだったんですよね。BLメインとして受けのセッフレ後のリリースだったわけで。

 

 

 

ちょっとここから過去回想入りまーす笑

 

BLはじまった頃の白井さんって、元々同性愛嫌悪気味だったりしたのもあって、CDの演技はちゃんとされていたけど宣伝にはムラがあって、2016年発売のメイン作品3CDのうち、1枚目の男はじだけギリギリRTされていたけど他二枚(男子校と男はじアフター)はRTすらされてなかったんですよね確か。

 

ただ2016年の男はじイベントでBLで共演したい方、という質問に「興津さんに抱かれたい」と回答されていたことから、左右こそ逆であれ白井さん的にはゆとり部下って望んでいた共演だったはずなんですよね。

 

ここで2017年、発売されたBLメイン作品、ほとんど引用ツイート付きで宣伝されていたんですけど(多分セッフレがメンバー的に本当に楽しかったことがきっかけだろうなあと推測してます)、その中で唯一RTのみで呟きがなかったのがこのゆとり部下の一作目でした。

 

イベントでわざわざ興津さんのお名前出していたのに?と違和感を感じずにはいられなかったのですが、BLに関しては宣伝にムラがある、という可能性も踏まえつつ、個人的にはゆとり部下一作目は声量差をはじめとした諸々の声優としての力量差を感じずにはいられない、白井さんにとっては納得のいかない出来だったのかな?と考えていたんですね。

 

当時白井さんは全力を尽くしていたとは思うんですけど、まあ栗のせいな部分はありつつ、でも確かに興津さんに押し負けていたなあと正直思う部分もあったので。

 

 

まあこの私の中ではこの推測(もはや妄想だけど)があったので、ゆとり部下続編が決まった時まず真っ先に思ったのが「白井さんのリベンジの場になればいいなー」でした。

 

 

……リベンジ、出来ていたんじゃないですかね?(雑!笑)

 

いやなんか、やっぱり興津さんが偉大なことには変わらないんですけど、一年半前はまだ低音の線も細かったし何より演技が独りよがりな部分も多かった(まあ一作目は坂巻くんが拗れに拗れていたのでそれで良かったんですけど)ですが、調子の悪さが鼻声に多少出ていたのはありつつ、興津さんという偉大な先輩に食らいつけていたなーと、個人的には思いましたよ?

 

多分白井さん自身も手応えがあったからこその収録終わりのご飯写真アップだったのかなあと。良かったね!ご飯ごちそうになって!(ぶわ)

 

坂巻くんくらいのクール低音キャラは白井さんの中でも多いキャラですが、地声によらない、愛情故の声の甘さとか、このくらいの低音でもちゃんと出せるようになったんだなあと思いながら。続編作品はこういう成長が見えるのが嬉しいですね。

 

あとやっぱり興津さんは偉大……えっち……白井さんはこれまで試行錯誤しながら自分の演技のあり方を組み立ててきた方だと思う(フリトで興津さんに「そんな動く人だっけ!?」と言われてたけど、これもここ一年くらいですもんね〜)ので、色んな方の色んないいところをもっともっと吸収して頂きたいですね。

目標は全人類を演技でねじ伏せられる演者になること!そのくらいのポテンシャルはあると私は思ってますよ?

 

 

特典はメイトでもステラでもいいかな〜と思いますが個人的にはメイトの方がより微笑ましかったかなと!

収録時間もどちらも13〜4分ありましたし。つーかやっぱメスおにの感想読まれたかな……まあいいんですけど

 

 

次の栗案件はどえす……もですが、個人的には白井さんが発売前に試聴RTしてきたヨガが非常に気になるところ。まあなもさんに成田さんだもんなあ……。

しかし白井さん、結構こういうところ分かりやすくて可愛らしいですよね〜分かりやすくアピールして下さるとこちらとしてもそのつもりで心構え出来るのでどんどんアピールしてください笑

ワンコ系部下のしつけ方(出演:白井悠介、伊東健人) 感想

※原作既読

※語彙力はない

 

 

 

 

 

 

 

 

色々前後しておりますがひとまずこちらから。

 

内容はさっくりと、ちょっと気弱なところのある普通のアダルトメーカー社員佐々木さん(cv白井さん)(実は部長と不倫してる)の元に異動してきた新人中村くん(cv伊東さん)。中村くんを苦手に思っていた佐々木さんはある日、中村くんにモニタリングをお願いされて……?

 

と言った内容。後藤部長(cv千葉さん)×佐々木さん、複数×佐々木さんぽい描写もありつつ、基本はぐいぐい迫る中村くんにだんだん絆されて(笑)いく、割と穏やかな話。ちょこちょこえっちなシーンは挟まりますが、全体としてはえっちなシーンは少なめ?

いや、これまでの白井さんの受け出演作のエロの密度高かったからね笑  それと比較したらね?笑

 

 

さてさて、実は私あまり伊東さんの演技のクセが得意ではなく(笑)、視聴前はどうなることやらとだいぶびくびくしておりました。

しかしながら、伊東さんの演技のクセもキャラにハマってるから思っていたより全然良い作品で私はホッとしました笑

全体的には白井さんがテンポを整えつつ、伊東さんもちゃんと合わせにいき、大事なシーンでは役としてちゃんとリードされていたのでストレスが少なく聴けました。

最近の共演作だとサノバビッチが思い浮かびますが、あれが全体的に不安定なつり橋をグラグラしながら渡っていたとしたら、今回の橋は鉄橋……は贔屓目かもしれないけど、少なくとも安定感のある橋を安定して渡れていたなーという印象。

 

あと今回、他の方々の感想もすでに見かけておりますが、エロが物足りない、というのはまあこれまでの出演傾向的にも実際の濡れ場の量的にも出てくるのは分かるのですが(まああとせっかくBLなら特濃濡れ場欲しいよね。この組み合わせは待ち望んでた方多いでしょうし)、個人的には白井さんがこの佐々木さんの演技を出せたのは大きいなー、と思っていたり。

 

というのも、例えば狂僕とかおばけとか、これまで割と激しい受けが多かったし、マーリクくんとかCWの侑李くんなんかは純情系(侑李くんはビッチ系でもあるか笑)というまたちょっと違うカテゴリだったわけですが、今回のワンコ系の佐々木くんて部長と不倫してる以外は本当に至って普通のちょっと気弱な現代のサラリーマンなんですよね。

 

これまで、白井さんは普通の役をやろうとすると白井さんの演技の良さが損なわれる、とまではいかなくても地味になりがちだったんですけど、今回の佐々木さんはちゃんと普通の人の普通のセックス感を出しつつ、白井さんの演技の繊細な部分は損なわれていない、おそらく演技として狙ったナチュラル感が狙ったものとして受け手に届くようになったなと、私は感じたんですね。

 

普通とは言ってるけど、不必要に派手さを出さずに、それでもきっちり感じてえっちになってるのを出せてるのはすごいなーと。

特に二回目の、酔った後のえっちが好きなんですけど、あれを過剰にしようとすればもっと過剰に出来ると思うんですけど、そこをあえて抑えて、でも漏れる漏れるって慌ててるところとかリアルでえっちでいいなーと思ったり笑

 

白井さんは普通の声がすでにどこか華やかで色のある人な分、必要以上に色が出てしまっていた時もこれまではあったんですけど、今回のワンコ系では普通の人の普通感が狙って出せるようになっていて、かつ地味にならずにキャラの個性を演出できるようになったのは役者として嬉しい成長だなあと思いました!

 

 

アニメイト特典のミニドラマは、個人的に伊東さんのお湯沸いてますよってセリフの、薬効き始めた感じの絶妙な表現がいいなーと思ったり。

特典フリトは本当に和やか!というかそんなに伊東さん下手に出なくていいのよ!ってなりました笑  付き合いが長いからか、本当に関係性が出来上がってしまってますよねあの二人。白井さんのことをちゃんと理解した上でああしてくれてるんだなーと、改めて安心できたフリトでした。

 

 

 

実は10月はドラマCDがささみやくらい(だったはず)(アイドル〜vol.2はサブキャラでのご出演だし)なので、ためこんでいたCD類を改めて聴き直して感想を書き残していく予定です!

 

 

 

 

 

 

声優朗読劇フォアレーゼン沼津公演 覚書

※当方は白井さんのファンです

 

 

 

 

さてさて、フォアレーゼン行ってまいりましたがざっと所感を述べて行きます。

 

 

フォアレーゼン、朗読パートは50分、途中休憩挟んでトークパート25分なんですけど、開演やや押したのに朗読パート時間通りに終わったから多分朗読パート本編は45分くらいです。

その中でも演奏パートが10〜15分くらいはあるので、配役によっては出番が物足りないかも。 今回の場合白井さん半分くらい壇上にいなかった笑

 

話の内容的には決して悪くはなかったんですけど、正直ボリューム的には多少の肩透かし感はありつつ(まあそれなりには色々見たり聞いたりの経験値積んでるので)、ただやっぱり、


声が良い 

推しの 声が 良い 

 

低音上品重厚ボイスありがとう……二週連続遠征先で「声がいい〜!」と呻く羽目に(流石に声は出してません 悪しからず)

 

トークパートやツイッターで「朗読が苦手」と仰っていましたが、冒頭はたしかに噛まないように緊張してるな、と思って見てました笑

今回最初がナレだったしちる箱もナレというか神の声を噛みまくったからかな、と思いましたが笑

再登場してからは少しリラックス出来てるな〜と思いながらみてました。まあ終盤間違ってたららしいけど笑 屋根と屋上の言い間違いはそれほど致命的ではないし笑  

 

 

私、2016年12月の夢100クリパが割とトラウマで笑、というのも当時の朗読劇、キャラとしての演技は出来ていたけど場に一切馴染んでなかったんですよね。

でも今回のモーツァルトは独りではありつつちゃんと魂が舞台上に居たので良かったなあと。

ちる箱の時にも言ったけど、自分の芝居を披露することから誰かと芝居を作り上げていくことに上手い具合に意識が向くようになっていて、それが目に見える、耳で聞き取れるのが嬉しい。

 

あとやっぱり推しの声がいい(しつこい)

 

というかこれも最近度々言ってますけど低音安定しましたね……

白井さんの低音、使えてなかったわけじゃないけど、線の細さ、白井さん自身の間合いでしか上手く作用出来ない、そしてある程度パターン化されてしまっているところがこれまでのネックとしてあって、

だからアニメ(というかおみつよ)だと尺に振り回されるし、BLだと掛け合いがやや噛み合わない、イベントだと圧不足、みたいな欠点は去年あたりまで確かにあったんですね。

 

ただ今年に入っての低音キャラは随分安定して声が出て、掛け合いがきっちり出来るようになったし、あとは何よりキャラはキャラとして(今回はナレもあったけど)演技がきっちり出来るようになったんですよね。

今日のナレとモーツァルトはそれを肌で感じられた、という意味で良かったなと思いました。

 


あと小野さんに(朗読劇が苦手のくだりで)「堂々としてるように聞こえたから緊張してないのかと」と言われてたけどやっぱり声がずるいのでは……!?

冗談はともかくあのいい感じに浮世離れした声はやっぱり今後も生かして欲しいなと思います。

 

あと私これまで縁がなくて生放送で見たことはあっても白井さん逢坂さんコンビを生で見るのははじめてで、正直不安があったんですけど笑、互いに気を使う必要のないコンビだし、それを必要としてないとお互いわかってるし、白井さん側の安定感も増したことによってなんかすごく良い塩梅に安心感のあるコンビになったなあと思いました笑

今後事務所の仲間として、またこうしてお芝居の機会があればいいなあと思います。

 

 

私もしかして次の現場決まってない!?(台湾は行かない(でも整理券の配布終わってるようで良かった)、写真展はお察し、しらへやも落選笑)

アイラジとバズライは死ぬ気で当てたいと思います笑

 

感想もまったりやりますとか言ってたらもうゆとり部下なんですよね、早いなあ……