読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を迷走中

その辺に転がってる底辺オタクによる掃き溜め

Dance with Devils 感想

※トロコン済みゆるゆるっと感想

※語彙力はありません

 

 

 

 

 

 

 

実はダンデビアニメがすごく好きでして、でもアニメが悲恋エンドだったのでゲームでレムリツを幸せにしてあげたい……!と思いつつなかなか手を出せていなかったのですが、年始のステラさんのセールで見かけて意を決して購入。

 

どのルートも楽しかったです!個人的にはレム・ローエン・メィジがお気に入り。やっぱり全年齢なら幸せいちゃいちゃハッピーなのがいいよね!でもバッドのヒドい展開(主にリンドとシキ)でもそれなりに笑えたのでまあ良かった……のか……?

 

今回はボイス目的じゃなかったのでボイスはあまり聴かずにさっくり飛ばしたのですが、じっくりボイス聴いていたら1ルート11時間前後かなあと予想。未読もジャンプしちゃう選択肢ジャンプがたまにキズですがスキップと併用しちゃえば問題ないです。

 

ホント全体的に良かったのでアニメ好きだった方はぜひぜひプレイなさってください。

秋に劇場版もあるみたいですし楽しみです。多分ぼっちで観に行きます笑

 

 

 

ーーーーーー以下ゆるゆるっと個別ルート感想ーーーーーー

 

 

○レム

そもそもゲーム買った理由がレムリツを幸せにしてあげたいからだったので、とにかくこの2人は幸せになって良かったね!と。

個別ルート入った辺りのあまりのもどかしさになぜか泣いてしまったのはここだけの秘密……笑  そこは黙ってハグしてチューしろ!!!とか言ってた記憶……8章のスチルだったかな……?

でもレムリツはそのもどかしさが良いなあとか思ったり。

 

そいやレムルート終わってからシチュCDも聴いたのですが、あまりにレムが浮かれポンチで笑いました……シチュCDとは……ダミヘとは……でも中の人がコメディって言ってたからいいんだと思います(?)

相合傘とか書いちゃうんだね……笑

 

○リンド

どうしてこうなった(主にアクマルート)

いや、うん、アニメの時から友人と兄ちゃんが一番やばいよねwwwと言い合っていたのですがゲームでも……シキとどっちがヤバイかな……笑

でもヒトルートでもリンドは要介護者だったからやっぱりリンドが一番やばい気がする……笑

他ルートでも度々協会に操られていてちょっと不憫な人やったな……笑

 

○ローエン

完全にダークホースでした。ありがとう鈴木達央さん。男が従者側の主従関係っていいよね。

ところでヒトルート1、さらっと同じ部屋に居てるけどリンド兄ちゃん何も言わんの?大丈夫?流石に高校卒業までは別室が良くない?大丈夫?(無駄な心配)

 

○ウリエ

……実は一番カゲが薄いんだ……ゴメン……笑

でもヒトルートよりはアクマルートのが好きだった記憶。アクマの眷属になって一度は心を閉ざすけど……って奴。

多分レムやメィジやローエンと比べると個別ルート後半まで非情さが目立った割に最後はやけにきれいにまとまっちゃったからリンドやシキほどのインパクトがなくなったのかな?と。

いやいい奴だけどね!?!?

 

○メィジ

いちゃいちゃ甘々ハッピーパラダイス!!!!!!!!!笑

アニメ5話でメィジいい奴やん?となった方には安心してプレイしてもらいたい。

個別ルートに入ってからも手と手が触れ合うだけでスチルになっちゃう純情ピュアピュアルートなレムルートと比べて潔くチューハグ祭り!!!だが許す!!!メィジがオトコマエだったから!!!笑

まあバッドはそれなりにちゃんとバッドだったけどね……でもメィジ君はいい男だ……

 

 

○シキ

どうしてこうなった(二度目)

いやでもヒトルートは普通に微笑ましかったよね。ウンウン。要介護者じゃなかったもんね笑

でもアクマ2エンドは普通にグロだったし電車の中でちょっと慌ててしまいました笑

碓氷真澄くんについて考えたこと

※語彙力はない

※A3!1章(春組編)・真澄カードバクステネタバレあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに週末に配信開始されたA3!ですが、今のところすごく楽しくやってます。やっぱりフルボイスストーリーは良いですね。ストーリーもしっかり練られていて、またキャラ同士の掛け合いが多いのはリベルさんの良さだなあと。

 

現在二章の終盤です。春組も夏組もメンバーバランスが考えられていてみんな可愛いです。秋組冬組も楽しみです。

 

白井さんがcvを担当されている碓氷真澄くん、実はリリース前はcv補正以上に好きになることはないと思ってました。

これまでヒロイン好き好き系キャラにハマったことがなかったですし、雑誌などでのストーリーチラ見せで嫌な子なのかな?と印象を受けていたので。

 

 

ですが蓋を開けてみたら、読み合わせまでにセリフ全部覚えているし、主人公のために夜中にカレー作る練習してる(しかも市販のルー使ってない)ような努力家の一面もあるし、

言葉はキツイし人付き合いが苦手というよりそもそもあまり興味がないようなところもあるけど、決して間違ったことは言わないし、

主人公にべったりかと思えば失恋したと思って避けちゃったり主人公に好きな人がいると勘違いして避けちゃったりするちょっといやだいぶ可愛い一面もあって。

 

 

あれ、思っていたより可愛い子だな!?!?と笑

 

 

そして個人的にすごく響いたのが「主人公の演技が好きで、だから自分も頑張った」というところなんです。

 

 

演劇に限らず演技をしたり音楽したり、あるいは小説や漫画のような創作をしてる人にも共通してくると思うんですけど、そういう表現に関わることやってる人にとって一番響く言葉って「○○さんの表現が好き」って言葉だと思うんですよ。

 

下手で大根で演劇を諦めていた主人公が成り行きで監督兼演出をすることになって。

自身の才能のなさに打ちひしがれて業界を離れたのに再び関わらざるを得なくなって、その葛藤も多少描かれていましたし。

 

そんな中で才能のある子にあなたの演技が好きで原動力になってるなんて言われて、あの瞬間主人公も成り行きでなくてちゃんと監督になれたのかな、と。

文章はさらっと書かれていましたが、あのシーンって主人公的にもかなり大きな意味を持ったんじゃないかなと思いました。

 

まあ何が言いたいかといいますと、真澄×主人公にハマることは絶対ないと思っていましたが、真澄くんが大学卒業する頃に結婚を前提とした交際の申し込みをして主人公と結ばれる未来が想像できるくらいになりました笑

 

私はそんな碓氷真澄くんを見守る祖母になりたいです。

 

 

まあでも基本クソみたいなノマカプ厨かつクソみたいな腐女子なので、普通にリリース前から推してたさくますとか、つづますとかも妄想してますけどね……笑  良くないですか?良いですよね?

 

 

ちなみに碓氷真澄くんの祖母ポジは確定したのですが、他のキャラだと至さん三好くん左京さん辺りが気になります。

至さん何しても許される顔面しててずるいですよね。でもイケメンだから許してしまいます。クズなのに笑

 

「セックスフレンズ」(CD)感想

※とりあえず本編視聴分のみ。フリト感想は聴き次第追加するかも。

※語彙力はありません

※当方は白井悠介さんのファンです

 

 

 

 

 

 

 

先に言っておきますと、賛否両論あるだろうことは理解しつつ、私はこのCD好きです。

 

 

多分今回のCDの賛否両論の「否」の9割は「白井さんに藤亜はあってない」になると思っているのですが、個人的には逆に今回の白井さんの藤亜を聴いて、原作で自分の中でも矛盾していた藤亜本来のイメージが再構築出来たんですよね。

 

というのも、確かにビッチイメージが先行している藤亜だともっと高い声の方にキャスティングがいったと思うのですが、藤亜って「身長179センチのイケメンモデルであり、実は飛び級で学位荒らし回ってた天才」なんですよね。

飛び級云々は次郎はじめとした周りの人しか知らないわけだけど、「機転の利いたこという」というイメージは一般の方にもついているわけで。

 

女性声に近い男性声優さんだと、もっとビッチでブリブリな藤亜にはなっていたかもしれないですけど、藤亜の世間的なイメージがおざなりになっていたと思うんですよね。

だから今回のキャスティングはビッチではなく、モデルとして、彼のバックグラウンドを踏まえた側の藤亜という視点でのキャスティングだったのかなあと聴きながら思いました。

 

原作読みながらそのギャップを埋めきれてなかったので、今回白井さんの藤亜で私は逆にしっくりきましたと。

 

 

それで肝心の濡れ場ですが、……満足しました!!!笑

ぶっちゃけ今回そんなに濡れ場の心配はしていなかったのですが、白井さんちゃんと気持ち良さそうで、でも場面場面で喘ぎ方やリップ音もちゃんと変えられてて、うん、よかったです。(語彙力)

イキ声が大幅に削られてるのは残念でしたが一応全年齢向けだからね……(´-ω-`)

 

 

あと白井さん、BLの間合いで喘げるようになったなあと。

 

「男子高校生、はじめての」の第5弾、あまり評判が良くなかったのですが、白井さんの喘ぎ方がBLというよりは乙女向けの間合いだなあと感じていたんです。

それまで乙女向けで培っていたテクニックそのものは悪くなかったんですけど、その間合いの違いが個人的には少し気になっていて。

 

「男子校REC!」で大分解消されてはいたのですが、まだちょっと間合いを掴みきれてない感じがあって。

 

男はじのアフターディスクとセックスフレンズ、どちらが収録先か微妙なところですが(個人的にはセックスフレンズが先だと思ってます)、前二作品を踏まえた上でちゃんとBLとしての演技をしてくださっていたなあと。

 

白井さん、1作品1作品ちゃんと糧にして下さる方なので、作品おっかけがいがあります笑

 

 

次のメイン作品も決まっているので、そちらも楽しみにしています。今回と違ってあまり好みのシナリオではないのが不安ですが……笑

 

 

 

 

 

○2/7追記

あまりに語彙力がなさすぎて読んでくださった方に申し訳なかったのでいくつか追記。

 

・シナリオですが、原作未読の方だとちょっと内容わかりにくいかも。原作既読でしたが、あの一冊を80分に上手くまとめてあったなあという印象でした。みくちゃんのエピソード削って他のエピソード膨らますのもありだったかもしれませんが、みくちゃんのエピソード好きだったので削られてなくて嬉しかったです。

 

・白井さん含め、キャスティングが良かったなあと。アイラジリスナーなので藤亜くんと、カメラマンや社長や共演者の絡みとかめっちゃニヤニヤした。山中さん兼ね役たくさんしてくださってありがとうございます。

八代さんとの演技の相性は良さそうだな〜と聴く前から思っていましたが、やっぱり良かったです。

 

・白井さんは誰かの力を借りなくても勝手に気持ちよくなれちゃうタイプの人だなあと(語弊ありまくり)

 

乙女ゲーム・シチュCDに感情移入するべからず

 

 

 

タイトル短くしようとしたらやたら攻撃的になってしまったので正式なタイトルを先に書きますと、

 

(ヒロインに感情移入できない人は)乙女ゲーム・シチュCDに感情移入するべからず(。自分なりの楽しみ方を見つけようぜ!)

 

……というわけでタイトルみて噛み付こうと思った方、すみません。元々乙女ゲームやシチュCDに感情移入して楽しむタイプの方はそのままのあなたでいてください。というか本来の楽しみ方ですし。

 

今回の記事は人にオススメされたり声優さん目当てだったりで乙女ゲームやシチュCDに手を出したいけど夢女子じゃないしヒロインに感情移入しないタイプだから……ともじもじしてるそこのあなたに向けて書いています。

 

乙女ゲームやシチュCDも好きな腐女子として、乙女ゲームやシチュCDの楽しみ方に戸惑ってる方々に一緒に楽しんでもらえるようになってほしくて筆をとりました。

 

 

ちなみに私は夢思考のない腐女子です。つい2年ほど前まで2次創作BL本作ってました。コミケでBL小説本売ってましたよ。物語は感情移入するより傍観者的に楽しむタイプです。最近執筆はしていませんが今でも普通にBL読んでます。BLCDも聴いてます。

 

 

 

 

 

 

この記事を書くに至ったきっかけはツイッターの本垢のフォロワーさんが「18歳以上推奨のシチュCDで感情移入できない……」とおっしゃっていたことです。

 

乙女ゲームにしろシチュCDにしろ、割とそういう方はお見かけします。特に腐女子の方って物語を俯瞰的に見る方が多いので、その感覚はわかるのですよ。

特にシチュCDだとべらべら喋られてこちらの気持ちがついていかない……という方が多いですし、私もこの世界に飛び込むまでそういう偏見を持っておりました。

 

 

 

 

結論から言いましょう。感覚移入できないならしなけりゃいいんです。

 

もっと言えば乙女ゲームやシチュCDだからと言ってヒロイン=私にする必要はないんです。

 

 

 

ヒロイン=私にしないならどうするのか?

 

自分ではないヒロイン像を想像して攻略対象×ヒロインの恋愛ものとして俯瞰的な立場をとればいいんです。

 

 

 

 

乙女ゲームではヒロインの立ち絵もあればものによっては声もついているので攻略対象×ヒロインの恋愛ものとして楽しんでいる方は元々多いと思うのですが、実はシチュCDも立ち絵まではなくともヒロイン設定は与えられている場合がほとんどです。

 

攻略対象との関係で大体の年齢もわかりますし、攻略対象のセリフからヒロインの人となりも大体見えてきます。

 

 

そうしたらあとは妄想で補完するだけです!

 

 

先ほども述べましたがヒロインに感情移入できない方って物語を俯瞰的にみる方が多く、そのタイプの方は想像力が豊かな方が多いので、それほどヒロイン像の想像には苦労しないと思います。

 

「それ、乙女ゲームやシチュCDの本来の楽しみ方じゃないのでは……?」とか仰るあなた、乙女ゲームやシチュCD作品を二次創作でBLにしたり百合にするよりかは本来の楽しみ方に近くありません?

私は乙女ゲームのBLも大好きですしヒロインとその友達の百合も大好きですけどね!笑

 

 

 

ちなみに「ヒロインを想像する」のもあくまで楽しみ方の一つでしかなくて、「攻略対象側に感情移入する」方もいれば、シチュCDでは「ヒロインを男性とみてBL変換する」人もたまに見かけます。

 

それが製作側の本来の意図とは異なろうが邪道だろうが、私は出来ない感情移入をしようとして楽しめないでいるよりいいんじゃないかな、と思います。

せっかくいいシナリオや声優さんの演技も、固定観念のせいで楽しめないのは勿体無いと思いますので。

 

 

ちなみに声オタ的にも乙女ゲームやシチュCDをオススメしたい理由がもう一つありまして。

 

アニメやBLCDなど複数での収録の場合は、他の人と空気を読みあって演技を作り上げることが重要になってきますが、乙女ゲームやシチュCDの収録は基本1人で、かつ時間の制約がアニメより厳密でないため、役の作り方や感情の込め方、セリフのテンポ感や行間の埋め方といった、演じられる声優さんご本人がもつ特徴をもっともよく感じられるからです。

 

特に乙女ゲームはセリフが読めるので、行間の埋め方の違いがわかりやすくと面白いですよ。特にエロゲの濡れ場はモロに違いがでます笑

 

 

 

……とまあとりとめなく書いてきましたが、結局私が言いたいことは「自分なりの楽しみ方をみつけてもっと軽率に乙女ゲームやシチュCDに触れようぜ!」ということでした。

円環のメモーリア感想

※成人向けゲームの感想です。18歳未満の方は閲覧なさらないでください。

※ネタバレを含みます

※相変わらず語彙力はありません。

 

 

 

 

 

 

感想に入る前に、再掲ではありますが。

 

瑛太ルートで確認されてる、「終盤のチャット後画面が暗転してから再開しない」バグですが、

 

暗転前の場面でセーブ

↓スキップを「全文」に切り替え

↓セーブしたところからチャット終了後までスキップ

 

で先に進めます。スキップで進みすぎた部分はバックログでは確認できました。

他の方が書いていらっしゃった方法ですが進めずに困っている方をちらほら見かけたのでここでも記載させていただきます。

 

 

 

誤字はともかく進めなくなるバグはどうにかならんかったの?とは思いますが、一旦それは置いといて感想をば。

 

 

 

 

 

1週目は9時間程度。個別ルートは6〜7.5時間くらい?斗真√だけは蓮√からの派生なので3〜4時間くらいだったかな?ちょっと記憶が曖昧です。

 

斗真以外の四人のルートに差分が3種類あります。蓮瑛太ルートであれば湊理玖が、湊理玖ルートであれば蓮瑛太が穢れにつかれます。好感度を上げなかったキャラが穢れにつかれる模様。好感度が同じであれば二人とも穢れにつかれます。

 

瑛太湊は大体主人公への想いを募らせてるのに理玖だけ思惑が違って笑うしかなかったです。お前自ら穢れにつかれたろ!笑

 

 

最後の4Pまで含めてゲーム全体のシナリオの辻褄が合っていて、どのルートもそれなり以上に楽しかったです。

アズリングさんの前作、前々作をプレイされていた方々がこぞって普通の乙女ゲームであることに驚かれていたので逆に前作前々作が気になってしまいます……笑

エッチなシーンもそれほどフェチ感なくノーマルだったのでは……?と思いましたが、私のフェチの基準がダブリルムーンさんの誘惑3巻なので……うん、多分ノーマルだと思います!笑

 

あと途中スチプリと平行しながらやったので余計に感じたと思うのですが、キャストの方々の声のバランス最高にいいですね……

 

一応メインは蓮瑛太ルートの方だったと思うのですが、シナリオ的には湊理玖ルートの方が濃密だった印象。斗真さんは制限付きだったこともあっておまけ感はありました。その分4Pルートではだいぶ無双されてましたけど……笑

 

個人的に一番好きだったのは理玖ルートです。今回は中の人補正抜きでも一番好きなシナリオでした。ヒロインと湊さんと理玖の関係の終着点がとても好きでした。途中だいぶホラー展開だったけど笑

 

中の人推しの方の場合、黒井さんと河村さんのファンの方には是非購入をオススメいたします。この2人のお名前の並びに既視感を覚える方も是非笑

 

 

 

 

ーーーーーーーーー以下攻略キャラ別ゆるゆる感想ーーーーーーーーーー

 

○蓮

OPだけ聴くとクールキャラっぽいのにどちらかというとアホの子だった笑

でも神様らしく達観してるところもあって、憎めないキャラだった。いい子。かわいい。

個別ルートは……どうしよう、割と最近やったのにあまり印象にない笑  BADのあの人に持っていかれた感ある笑

でもイキ声の多彩さというかリアル感はさすがさわまなかさんだなって思いました。

 

 

 

○湊

シスコンキャラなのに良心キャラって逆に珍しいような。個別ルートでも妹として大事な気持ちも無くさないまま、でもちゃんと恋人としても大切にしてくれるキャラで……このゲームの良心。

4Pルートで大変な目にあってるのに瑛太逃してあげるお兄ちゃんマジお兄ちゃん。

というかこのゲームの真のヒロインだったな笑

 

 

 

瑛太

 なんかあんまり評判良くなさげですが私は好きですよ!一途で可愛い子!彼の設定的に他キャラルート行くとちょっとかわいそうだなとは思うけど。湊理玖ルート行ってもあの設定から彼は解放されるのかな?されていてほしい。

 

 

 

○理玖

 最初にルート走ったから途中ホントホラーで、せっかくの黒井さんには珍しい(笑)正統派甘々いちゃいちゃ初せっせを自らの悲鳴で台無しにしてしまったのですが、結局こいつからは逃れられなかった……好きですウッ……途中ホント怖くてそれどころじゃなかったけど濡れ場良かったです……。

ボッチムスメの時は行間の埋め方がまだまだたな〜と思っていましたが、この1年間でかなり良くなっていて感動通り越して驚愕してます……。

オメヴァンのCD以外でお仕事情報がないので黒井さんの次のお仕事待ってます……ダブリルムーンさん辺りだと泣き叫んで喜びます。

 

 

○斗真

こいつなんか胡散臭いなと発売前から思っていたら……ですよ笑  彼のルート、正直まだ疑ってるからね!何かやらかしそう!笑

でも最後の4Pが個人的に美味しい組み合わせだったので許します。

そいや湊理玖ルートでおとなしくしてたの、理玖の思惑と近かったからですかね?彼的にはそのまま理玖が神様になっていたほうが都合よかったのかな?笑

 

 

 

 

 

スチームプリズン感想

※全ED攻略済

※ネタバレを含みます

※相変わらず語彙力はない

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでコンプしました。

 

1週目終了までに約10時間、各キャラ個別ルートで大体5〜6時間といったところでしょうか。

 

個人的にはどのキャラのルートもそれなりに楽しめましたし、グランドEDが望んでいたタイプのEDだったのでスッキリとした気持ちで終えることができました。

 

シナリオは思っていたより長くはなかったですが、ゲーム全体としてまとまっていたので多少の物足りなさはあれど満足できました。

 

攻略順はエルト→ウルリクorアダージュ→イネス→ユネがオススメです。進むほど世界観ネタバレの多い順。エルトルートはマジで諸々の真相ネタバレがないので1番最初にやるのが良いと思います。

 

全体的に糖度は控えめ……と言い切りたいところですが、メインヒーローであるエルトクリードだけ対象年齢が違うんだよなあ……笑

ですがどのルートも恋愛が主軸、というわけではなく、主人公が攻略対象達を救える生き様が出来るか否か、が主軸なように思えました。

エルトとユネ様に関しては疑似恋愛感強いですし。アダージュもか。

 

甘々いちゃいちゃほのぼのを求めてる人にはオススメできないかも。容赦なく主人公も攻略対象も死にますし笑

 

 

乙女ゲーにしては主人公のキャラがめちゃくちゃ立っているのでそれも好みが分かれそうですが、個人的には清廉潔白でさっぱりとした主人公にかなり好感触でした。

 

個人的にはエルトのグッドとイネスのベストとユネのグッドの一つが好きです。

 

アカウント認証が物議を醸しているようですが、ネット環境にないとシリアル登録後もゲームが出来ないのはちょっと不便でした。我が家WiFiの調子が悪くて……(聞かれてない)

 

個人的にはアカウント認証云々よりも店舗の有償特典に音声特典がなかったことの方が残念でした。全員出演でも店舗ごとにキャラ変える形式でも良かったので欲しかったです……。

 

なんとなく移植は考えてありそうな雰囲気は感じましたが、売り上げが伸びなければそれもないでしょうし、気になる方は是非購入されてください。

あ、エルトクリード役の白井さんとウルリク役の高塚さんのファンの方は絶対買った方がいいです。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー以下個別ルートざっくり感想ーーーーーーーー

 

○ウルリク・フェリエ

諸事情によりエルトは後回しです笑

ツンツンツンデレ!!!!!!可愛い!!!!!!ウルリクルートはベスト以外が救いのないバッドばかりだったので、最後のスチルの甘酸っぱさが沁みました。すごくピュア。

あとエルトクリードによるお見合い大作戦感が半端なかったです笑  キルスとウルリクくっつける気満々だもんな……笑

 

 

○アダージュ

もうパパが大好きなのはわかったから!!!わかったから!!!笑

予想していた5割増でめんどくさいキャラでしたがそれもまた良き。

アダージュくん、あけすけな言葉遣いする割に婚前交渉はしたくないタイプらしくそこで無駄に笑ってしまった。やっぱりこの子めんどくさいな!?!?笑

スチルは比較的色っぽいですが、色っぽいスチルではそんなに2人の距離が近づいてない印象。でも最後はちゃんとハッピーエンド。

そいや、アダージュくんの好感度が半分くらいだとイネスさんから救済されるエンドにいってしまってちょっと笑いました。

 

 

○イネス・ハインリヒ・ハイネ

エルトのGOODが表の正規ルートだとしたら、イネスのベストが裏の正規ルートだよなあと。

主人公が一番ちゃんと乙女ゲームの主人公してた。でも仕方ない。イネスさんだもの。

スチプリ始める前、正直あまり期待していないキャラだったのですが、エルトと並ぶくらいには好きなキャラに昇格しました。シナリオは一番好きかも。

ベストエンドのキススチルがとても好きです。

キルスとイネスは生き様が似ているキャラなのかなあと思ったり。

 

 

○ユネ・セキエイ

かなり殺伐とした関係からはじまったのでびっくりしました。

普段滅多に泣かないのですが、恋人解消エンドはうっかり涙腺崩壊しかかったので該当選択肢が出た場合は是非タオルの準備をオススメ致します。悲恋だけどこのエンドすごく好きだった。

 

 

○フィン

……攻略対象じゃないけどね!笑 個別エンドはあったしね!大体死んでたけど!笑

個人的にはエルトルートでのフィンは腹が立ちましたが気概があって好きでした。他のルートであまりに可哀想だったからね……でもエルトルートの甘い代償エンドは許しません笑

グランドEDではもう頑張れフィン頑張れ……wwwと大爆笑してしまいました。

続編かFDか移植かでルート追加されるといいね……いやホントに……

 

 

○エルトクリード・ヴァーレンティン

ゲームコンプ後改めてエルトルートを振り返ると、1人だけエロゲだったなあと……笑

3回ある件のレッスンでスチルがなかったのは規制されたからかなあとか思うことにしました(笑)。音声をあまり聴かずにプレイされる方にはあの色っぽさが伝わらないよなあとちょっと残念でもあり。

エルトとキルスは実は生まれてきた境遇が似てますよね。

エルト√でもそうだけど、他√でのエルトさんとヴァーレンティン家の方々優秀すぎひん?なんかこの人達いれば大抵のことはなんとかなりそう。

 

 

エルトのベストエンドは物足りなさを感じた……と個別記事で書きましたが、エルトクリードというキャラクターはトランプでのジョーカー的存在といいますか、切り札的存在なんですよね。

 エルトクリードの弱点として描かれていたのが「人に奉仕するあまり自らの本心を置き去りにしていた」ところだったと思うのですが、総合的にみてエルト本人があまりに優秀すぎるため、弱点の描かれ方がちょっと弱く感じたのは事実笑

その部分はグッドエンドで補完されてはいたのですが、それならグッドエンドをベストエンドに位置付けてシナリオ練って欲しかったかなあと思わなくもなかったり。

 

エルトのグッドエンド大好きなんですよ!でもベストがちゃんとベストエンドらしくあってほしかったなあというお話でした。

 

 

ちょっと愚痴っぽくなりましたが、最後まで楽しめましたし続編なり後日談なりが欲しいなと思える良いゲームだったと思います。

黒井勇さんのすゝめ

※あくまで個人の感想です

※聴いたことがあるものだけ

※作品のネタバレも多少含んだり含まなかったり

※あくまで個人の感想です

 

 

 

 

 

新年まであと少しというところで、本当は今年のまとめ記事を2本書く予定だったのですが、計画性がなさすぎてこちらのみとなりました。

 

18歳以上推奨だったり18歳禁だったり、ということで嫌厭している方も多いとは思いますが、それだけを理由にするにはあまりに勿体無い……!と思うほど黒井勇さんの演技がとても良いものが多いので、この記事を書くに至りました。

 

実際私も18歳以上推奨のシチュCDも18禁のゲームも黒井さんを知るまで触れたことがなかったのですが、最近そちらに足が傾きつつあるのは、やはり黒井さんの繊細な感情表現と色っぽさがあったからです。

 

いやホント黒井さんめっちゃいいんですよ……!なんだかんだどのキャラも当たり役なので、所謂濡れ場に抵抗がある方も、ごく普通に演技を楽しむ気持ちで触れてほしいです。

 

というわけで私が触れた作品のみにはなりますが、黒井さん出演作につれて詳細を触れていきたいと思います。語彙力ない割に長いので、どうしようもなく暇のときにでもお付き合いいただけたら幸いです。

 

 

 

○シチュエーションCD

 

・末瀬(誘惑3/ダブリルムーン)

低めの声。二面性……というよりはギャップのある人なので普通の時は優しいトーンだけど最中だとオラついてる。それはもうオラついてる。

 

特典含めプレイが全て屋外、かつ✳︎攻めまである過激なプレイ、かつ数々の過激な迷言、かつ命かけてセッしてる黒井さんの熱演というコンボ決めまくった内容で、良くも悪くも発売当初から割と話題になっていたCDですが、私個人は結構好き……というか憎めないんですよね笑

 

ヤッてるときは数々の隠語攻めであったりヒロインより確実にいいイキっぷりであったりで抱腹絶倒モノなのですが、ヤッテないときの彼の、不器用なりの優しさであったり、あと白州さんからすら素気無くされてる様子であったりが、……ある種のギャップ萌えなのかな、可愛らしく思えます笑

 

あと聴いてたらなんか全てが馬鹿馬鹿しくなって元気を貰えます。花火のようなセッ○ス!笑(※花火はアニメイト特典です)

 

私はこのCDで18歳以上推奨シチュCDデビューをキメたのですが、人によってはトラウマを植え付けられるだけで終わるかもしれないので、この手の作品に慣れた頃に手を出してください笑

 

特典はメイトステラシーガルの3種ですが、どれ聴いても迷言のオンパレードなのでどの店舗を選んでもいいと思います笑 

 

色々書いたけど2017年一番続編望んでる作品でもあります。ダブリルムーンさんどうか末瀬をよろしくお願いします。

 

 

・真尾浩一(磔3/ダブリルムーン)

やや低めの甘い声。

……この作品、「ヤってる最中に買った馬券で2億が当たるCD」というネタが先行して、恐らく聴いてない方には誘惑と同じのネタCDと思われてそうですが、このCDを聴いた方はこのCDの核心であり本質を語りたがらないだけで、核心に触れないようにすると馬券になってしまう、ということを頭にいれて頂きたいです。

磔もある意味トラウマCDですが、誘惑とは全く別ベクトルです。

 

トラウマCDと書きましたが、黒井さんの出演作の中で一番好きですし、黒井さんが好きな方・気になる方には是非聴いて頂きたいというか聴かないと損するCDだと思っています。

 

……ネタバレが出来ないのがもどかしい!でもこのCDは是非ネタバレをみずに聴いて頂きたいです。リピート率高そうな方ほどネタバレしない傾向にありますが笑

 

シナリオと黒井さんの演技がすごくマッチしていて、個人的にもリピート率が圧倒的に高いCDです。ただし忠告したいのは必ず特典付きで購入されてください。特典なしで夜1人で聴こうものならしばらく立ち直れないと思います。

 

特典はぜひとも3店舗揃えて頂きたいのですが、1店舗に絞るなら多分ステラが一番いいかなあと思います。個人的に一番好きなのはメイト特典です。お料理いちゃいちゃ!シーガル特典の本編の空気を引き継いだ独特の妖しげな空気も好きです。

 

 

・エリック(S.O.S2/BULLET)

比較的高め。圧倒的ワンコ。

 誘惑磔と比べたら一般向けだとは思いますが、最初のセッの時、○○○縛られてるんだよなあ……笑

 

最初は可愛いワンコ、頑張ります!って感じだったのが、だんだんと男らしくなっていく過程がとても良いです。この頃からテクニック的にも目をみはることが増えましたね。

 

18歳以上推奨シチュCDデビューをするならこのS.O.Sか次の茶道男子がいいかなあと思います。特典は2種ですがどちらで買っても問題ないと思います。どちらも男らしく、そして真っ当にいちゃいちゃです。あと割とエリックくんは喘ぎます笑

 

そういえばツイッターのフォロワーさんのご指摘で思い出したのですが、このCD、フリトついてるんですよね。ゆるふわふわふわトークに癒されます。あと黒井さんの「えっち」という言葉に何とも言えない気持ちになって悶えます。

 

・仁藤義久(茶道男子の日常/KZエンターテイメント)

エリックくんよりやや低めくらいかな?

年下の高校生役なので敬語ですが、ちょっとSっ気があるのであんまり年下感はないですね。高校生カップルの比較的ノーマルないちゃいちゃセッ!シチュCDデビューにオススメです。

特典2種はちょっとだけマニアックに足突っ込んでますが笑 茶筅笑  あと蔵のオチはクスッとしました。

 

そいやS.O.Sと比べると知名度が低い気がしますが何故でしょうね?茶道の家元のお坊ちゃんとてもいいのに〜〜もったいない〜〜高校生ならではの若さがとてもいいのに〜〜もったいない〜〜

 

 

 

・岬拓斗(課外授業3/entremets)

低音(ただしDT)ボイス。

年末黒井さんの別名義でのテクニックが話題になりましたが、そのテクニックが気になった方にはこのCD投げつけたい。すごいCDです。

 

黒井さんの作品は比較的聴いてる方だと思っていて、黒井さんの感情表現は誘惑の頃から秀でておりましたが、テクニック的には甘い部分もあって、でも出演作が増える度にテクニックが段々進化しているのは感じておりましたが、この作品が一つの終着点とも言えるのではないかと思います。あくまで、一つの、ではありますが。

 

まずイキ声で叫んでない!!!!!!!!!笑

あの全力で魂かけてセッしてる感じが私はとても好きでもあったのですが、場面場面でイキ声が変わっていてびっくりしました。あと吸ったり舐めたりといった愛撫のときの吐息であったり喘ぎだったりリップ音だったり、場面に応じて絶妙に変わっていて、黒井さんのテクニックにメロメロにされた作品でした。……DTなのに!!!悔しい!!!でも好き!!!笑

 

教師と生徒ものなので倫理的にどうなんだってツッコミはありそうですが、岬先生はいたって常識人です。課外授業2のcvさわまなかさんは……だいぶアレですが……笑

 

特典は2017年6月までの全巻購入DL特典ですが、課外授業1のあさぎさんは両思いいちゃいちゃ、課外授業2のさわさんは先生優位、課外授業3の黒井さんは生徒優位と違いが楽しめますし、DL特典も30分近くあってとてもお得ですし黒井さんの特典とても良いのでぜひ6月までに購入してDLしてくださいね。

 

 

 

 

 

乙女ゲーム

・平泉巳紀(ボッチムスメ×プロデュース計画/kalmia8)

比較的高め。エリックくんと仁藤くんの間くらいかな。

黒井さんの初乙女ゲームメイン作品。しかも主題歌まで歌ってくれてる。ありがとうカルミアさん。CD発売はまだですが私まだ諦めてませんよ、cv黒井勇歌唱CD。イーッアーショータイム♩

 

巳紀くんは割と精神的に不安定なキャラなので、これ収録大変だったろうなあ……と感慨深ささえ覚えます。ハイテンションから一気に鬱になったりするからね笑

恐らく収録時期に体調を崩されていたのか、声の調子があまり良くない時期に収録されたのかな?という印象は受けましたが、表情豊かな……豊かすぎる(笑)巳紀くんを表現豊かに演じてくださっていて、私はとても大好きです。

 

もちろん濡れ場も!カルミアさんは本編で2回、に加えて後日談を2つ、とさらに加えて3Pもあるので、攻略対象は2人ですがその分1人ずつしっかり描いてくださっていたので満足感は高かったです。

巳紀くんはちゃんと男らしくリードしてくれることもあれば、可愛らしく鳴いてくれることもあるので、濡れ場の振り幅も大きいキャラですね。

 

ミドルプライスで比較的手に取りやすい作品だと思いますので乙女ゲームやったことない方もぜひ。ギャグメインなので楽しくやれると思います。

 

 

 

・シードル(魔性眼鏡/PIL-VAMP)

低音ボイス。ちょっとねちっこい。

シードルさんルートはBADが真相ルートなのですが、そのBADがだいぶグロいので、血飛沫系がダメな方は絶対避けた方がよいと思いますが、抵抗のない方や少し苦手でも見られないことはない人はぜひプレイされてください。

BADでのシードルさんの最後の濡れ場、圧巻です。

 

逆にハッピーでのシードルさんはだいぶ甘やかしてくれます。そのギャップがまたよい。ツンデレこの野郎!!!!!!好き!!!!!!

 

個人的にはシードルさんルートはハッピー攻略してからBAD攻略されることをオススメします。

 

特典はステラでのいちゃいちゃも好きですが、シーガルさんでの他の攻略メンバーとのわちゃわちゃ闇鍋も大好きだったりします。こういうメタいの、もっと増えてほしい。

 

そいや性癖がアレなのでシードルさん、だいぶ勘違いされてそうですが、性癖がアレなだけでいたって常識人だったりします。cv黒井勇さんキャラの中でも1,2を争う常識人です。性癖がアレだけど。

 

 

 

・速水理玖(円環のメモーリア/A'sRing)

個別記事円環のメモーリア 理玖ルート感想 - 人生を迷走中

 

比較的低め。甘めの声。

ミステリアス通り越してホラーでサスペンスでサイコパス。セッシーンが普通に甘々いちゃいちゃであるのが余計に怖い。cv黒井勇キャラの中でもトップクラスのサイコパス

末瀬?バカ野郎奴は可愛いじゃねえか!!!

 

散々ホラーだのサイコパスだの言ってますが、艶っぽい声が堪らないです。サイコパスだとわかっているのにときめいてしまう悔しさ。でもサイコパス

 

黒井さんが好きな方には是非ともプレイして頂きたい作品。個人的に湊さん(cv河村さん)との3Pが好きです。あの3P、理玖先生無双してるからか、黒井さんの演技がイッキイキしてるんですよね!!!楽しそう!!!笑

 

あと度々発する「お兄ちゃん」も絶妙に気持ち悪いのでぜひ聴いて頂きたい。そいやショタ演技もあるな……何気に小技が多いんですよね理玖先生。色々な声色が楽しめるのでオススメです。

 

出来ればアニメイト限定版を買って頂きたいです。BLCDの受けばりに喘いでます。乳首立たせて困らせてる黒井さん、必聴です。

 

 

 

○その他作品

・みのりの手(Rentaコミックシアター)

コミックシアターという媒体ですが、1500円くらいで60分強のBLCDが買える感覚なので、黒井さんのBLCDが欲しい方はぜひ聴いてください。

みのり先生は攻めですが、受けに救済される系の攻めなのでもはや受けだ!!!と仰る方もいます笑

 

みのり先生の黒井さん、陰を含んだ色っぽさを絶妙に演じてくださっていて大好きなんですよね。定期的にダイマしてます。それはもうウザいくらいに笑

 

商業BLが苦手な方でも比較的理解しやすい作品かなと思いますのでオススメです。

 

コミックシアター、もう一作品レデイースコミックのがあるのは確認しているのですがまだ聴けていないのでいつかそちらも聴きたいです。

 

・OUTな寮生活

サービス終了した作品なので、今聴こうとすると某所でごにょごにょするしかないのですが、ちなみに受けです。ちょっと不思議な喘ぎしてますよね、この頃笑

 

・オメガヴァンパイア

サブキャラということもあってまだプレイできていないのですが、アニメイト限定版の特典CDが良かったので時間ができたらやりたいです。ルートによっては濡れ場もあるらしいですし。噂ですが……。

 

・ハツコイノオト(年上彼女特典DVD)

誘惑と同じ頃に発売された、男性向けコミックの特典。今年になって聴いたので、黒井さんの演技が若いな!?!?と感じたのですが、ウブな高校生役なのでそれも良さだったり。

男性向けコミックではありますが、男性向けの中でも純な内容なので聴きやすいと思います。興味のある方はお早めに。

ぶっきらぼうで、でも幼馴染のお姉ちゃんが大好きな不器用でうぶな高校生(低音)、とても良きです。

 

・神のラプソディ

男性向けエロゲの主人公。THE・ハーレムもの主人公な声がとても好きなのですが、ストーリーパートで主人公だけ声がないので黒井さん目当てで買うには少し勿体無いかもしれません。

ちなみにゲームが下手な人間なので、途中でつんでしまってます……笑

 

 

 

 

2016年は乙女ゲーム3本シチュCD3本が主要な出演作になるのかな?DMMゲームなどが追えてなくて申し訳ないです。あと男性向けの出演作はあったのかな……?もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください笑

 

今年コンスタントに新作があって、しかも一作品一作品経るごとに特にテクニック面の進化が著しくて、どの作品も楽しませてもらいました。

この手の作品はお年を召されると出演しなくなる声優さんも多くて、それは仕方ないとわかってはおりますが、黒井さんの繊細な感情表現と、色っぽさ艶っぽさを、まだまだ堪能したいな、とわがままにも思っております。

 

ここまで読んでくださった方が、黒井勇さんに少しでも興味を持ってくだされば、これ以上ない喜びです。

 

それでは、2017年も何かしらの感想を呟けることを祈って。よいお年を。