人生を迷走中

その辺に転がってる底辺オタクによる掃き溜め

オメガヴァンパイア 感想

※本編ネタバレあり

※ドラマCDvol.1についてもちょっと言及

※当方は黒井勇さんのファンです

※語彙力はない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はシーン一つ埋まってませんし(でも源馬√のコメディーシーンと思われる)スペシャルページもみれていませんがとりあえず全ルート全ED制覇しました……!

 

今回ほぼほぼボイスすっとばしてましたがそれなりに時間かかった記憶。1ルートの長さは平均的な乙女ゲーム(10〜11時間)くらいかな。

 

濡れ場は、源馬と白狼は抜き合い1回と本番1回。蒼井とハインリヒは本番が1回ずつ増えた……感じだった……気がする……(曖昧)

 

基本的にエロも恋愛描写も唐突of唐突でしたし設定もユルユルだと感じましたが、まあ頭使わずに雰囲気をなんとなく楽しめたらいいのかなって思いました。 考えたら負け。

 

ちなみに私は「黒井さんの濡れ場があるらしい」と噂を聞きつけてプレイしたのですが、渋川さんではなく兼ね役の鴨田くんがハインリヒ√で一瞬喘いだだけでしたね笑

でも渋川さんの艶っぽい低音も鴨田くんのチャラいけど人の良さそうな感じも楽しめたのでお時間のある方はもしよろしければ。私鴨田くんみたいなチャラ系地味に求めていたので嬉しかったですw

 

渋川さんの相棒的存在な有村さんは源馬√で結構がっつり喘いでます笑  有村さんいいよね。私有村さん好きです。ついでに渋有だと思ってます(聞かれてない)

 

 

ちなみにキャストトーク目当てでドラマCDvol.1も聴きましたが、本編はやはり頭使わずに聴けるコメディー調で割と楽しかったです。ゲーム特典(アニメイト・初回)のドラマCDや各ルート分岐後にさらに分岐で見られるコメディーパートのノリは結構テンポ良くてほどほどに中身がなくて結構好きだったのでそこはオメヴァンの良さかなあと。

 

そうそう、ドラマCDvol.1の公式特典キャストトークCDですが、黒井さんが渋川さんに合わせて地声より気持ち低めに喋っているけどちょいちょい素に戻りかけてるのがめちゃくちゃ笑ったので黒井さんファンの方はチェックしてみてください笑 

(※S.O.S2巻のフリトと聴き比べてみよう!)

 

なおキャストトークも中身がなさすぎて逆に良かったです笑

 

 

オメヴァンは頭空っぽにして楽しんでみてください。

 

 

 

ー・ー・ー・ー以下個別ルート簡易感想ー・ー・ー・ー

 

源馬:

最初にプレイしました。

いい低音だな〜パパだな〜このパパとどうやって恋愛するんかな〜と思っていたら唐突に扱かれたし、血なまぐさい展開になったな〜と思ったら突然刑一がαになったかと思ったらΩに戻っていつの間にか番になっていたので考えることをやめました笑

α刑一とΩ刑一の自己増殖エンドは笑いすぎて顎が外れるかと思いました。どういうことなの!笑

このルートがモブも含めて一番濡れ場が少なかった印象。

 

白狼:

結局ここも色々展開が唐突だったのはそうなんだけど、このルートの2人は非常に微笑ましかったです。α刑一と番になるけどΩに戻ると効果が薄れちゃうってのがなんとなく好きだった。理屈じゃない。

 

 

蒼井:

ここはリバダメな人はダメなCPです!そこがだめじゃなければ多分大丈夫。一番最初のえっちも相変わらず唐突だったけどこのエピソードの唐突感は良かった。Ωの特性生かされてて。

蒼井先輩次回作あったら一番のヒロイン枠だわ。

 

 

ハインリヒ:

私の推しは鴨田くんです!笑

冗談はともかく、終盤の殺し合い→突然の謎空間→妊娠発覚からのハッピーエンド!の流れが割と意味がわからなくて頭を抱えました笑

結局刑一はナツとフユの血を飲み続けてるんだろうか。エクスブラッドオンリーに戻ったんかな。

 

 

EX:

次回作(作れたら)のための導入なんだけど、フランツとの絡ませ方雑じゃないですか?あと蒼井先輩があまりに不憫だし圧倒的ヒロイン。

 

 

 

 

そいや渋川さんが源馬にヴァンパイアにされた過程の話ってありましたっけ……?その辺さらっと流されてる気がしたので私はとても気になってます。あんな食えなさそうな人がヴァンパイアにされて源馬に逆らえない立場にあるってなんかめちゃくちゃエロくないですか?

あと私は渋有だと思います(二度目)

 

 

 

「ゆとり部下になめられています」感想

※本編のネタバレあります

※特典はどちらも入手済み

※当方は白井悠介さんのファンです

※語彙力なんてない

 

 

 

 

 

 

 

昨年の某イベントで白井さんが「BLで共演するなら興津さんに抱かれたい」とおっしゃって数ヶ月。まさかこんな早くこの組み合わせが実現してしまうとは。まあ逆ですけども。

 

冒頭の注意書きにも書いてますがこのブログの主は白井悠介さんのファンなのでCDの感想も白井悠介さんファンとしての目線です。興津さんファン目線の感想が欲しい方には恐らく向かない記事ですのであしからず。

 

 

中澤まさともさんと共演した「男子校REC!」はダミヘ仕様のBLで特殊だったのでそれを除外すると、男はじセッフレと若手の方との絡みが多かった白井さん的にははじめての中堅以上の方とのBLCD。

 

BLそのものの間合いに関してはセッフレですでに掴まれたなと感じたのは以前にも述べましたが、今回は興津さんの偉大さを感じたと言いますか、白井さんめちゃくちゃやりやすそうだな!と。

うーん流石百戦錬磨の方は違う。

 

白井さんはお一人での芝居が得意な反面掛け合いでの芝居が苦手な方で、BLでは持ち前のテクニックで間合いをなんとか埋めてる、といった印象を受けていたのですが、今回興津さんが間合いをめちゃくちゃ埋めて下さっていたので白井さんもすごくいきいきと演技されていたように思いました。興津さん本当にありがとうございました。

 

で、肝心な内容ですが、倫理観を気にされる方は向かない内容かなと。私は下手にいい話にしようとして内容が薄くなるよりは特殊性癖でガンガン攻める内容の方が好きなので結構好きでした。

タオルとネクタイで上司を固定しておふぇーらしてそのまま放置で帰る部下!!!うん全然問題ない!!!いやあるけど笑

でも一番アレなシーンはこれくらいであとはそれほどフェチ感もひどいシーンもないですよ。あ、でも本番も割と激しいや。激しいというか荒っぽい。私は好きです笑

 

ちょっと神経質そうなねちっこい白井さんの出来はいいけどゆとりっぽい演技と、いい人だけどクズっぽさの滲み出てる興津さんの演技のバランスが良かったです。

 

あと薄々そんな感じはしてたけど私白井さんのねちっこい低音攻め演技ドツボ(聞かれてない)

 

 

特典は、ステラの「お仕置き」はそのまんま文字通りお仕置きなので嫌な予感のした方はメイト特典でクズ上司を甘やかしてあげてください笑

 

 

ー・ー・ー・ー以下各トラック&特典簡易感想ー・ー・ー・ー

 

トラック1:そいや常日頃のセクハラ要素ここだけだったな笑

トラック2: 視聴1のシーンですね。坂巻くんからの唐突なべろちゅー。

トラック3:坂巻くんめんどくさいな笑  例のおふぇーらシーン。自前SEの安定感。

トラック4・5:梶山さん流されるの早すぎてだな!w 悪魔と言いたくなる坂巻くんの気持ちはわからんでもないけどやっぱりめんどくさいな笑  

トラック6・7:坂巻くんめんどくさいな笑(3回目)  えっっっちは激しめ。私は好き。しかし梶山さんちょろすぎてだな……笑

 

メイト特典:文字通り上司を甘やかしています

ステラ特典:文字通り上司をお仕置きしてます笑

カエレナイッ!1 お見合い編(cv黒井勇)感想

※本編ネタバレあります

※特典は両方視聴済み

※相も変わらず語彙力がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒井勇さんの2017年第一弾シチュCD、というわけで実はフラゲ日に購入していたのですがステラ特典の引き取りが今日だったため遅ればせながら感想をば。

 

 

そもそもあらすじ読んだ時点で「この21世紀にまるで80年代のトレンディドラマみたいな設定持ってくるとか逆に強気だな……」と新たな黒井さんボイスへの楽しみとシナリオへの不安を両方抱えて、フラゲ日に店頭で並ぶCDみて他のシチュCDと比べても滲み出る低予算感にだいぶ緊張しながら聴き始めたのですが、まあやっぱりシナリオは80年代トレンディドラマを薄めた感じだった。知ってた。

 

「シナリオ」に期待して聴こうと思ってる人はヒロインが各所で地雷を爆発させてるので気をつけてください。

私はギリギリ回避しましたがヒロイン地雷って人が割といても仕方ないかなとは思ってます。だって設定がなんなら70年代なんだもん……これ21世紀設定で書かれてたら逆に強気だな(二度目)

 

とまあだいぶシナリオには難ありな感じですが、黒井さんの演技という面ではとても良かったと思います。こんなノーマルな黒井さん乙女ゲーム含めても初じゃないかな。茶道男子の仁藤くんもノーマルではあったけど彼は将来的にアブノーマルに足つっこみそうな感じがした(つーか特典では突っ込んでた)からね。

 

しかも!なんと!濡れ場が一回だけ!マジか!すごい!高校生の仁藤くんですら二回してたのに!今時婚前交渉しないって珍しいね。さすがシナリオが80年代(私は80年代をなんだと思ってるんだ)。

 

……話が逸れた。いや論点をシナリオに持っていくと色々色々ツッコミどころが出てくるんですよ笑

 

でも濡れ場も一回だけで濡れ場の内容もいたって普通(褒めてる)ですし、黒井さんの演技は普通の演技も濡れ場の演技もとても安定感があって良かったので、「黒井勇さんが気になるけど18推シチュCD聴いたことなくてどれから聴けばいいかわからない」って方の導入には良いCDだと思います。

あと濡れ場の感じが知りたいって方は最終トラックだけ聴くのも手かも。濡れ場はホントに良かったので。黒井さんの演技は良かったので。(ゴリ押し)

 

特典は個人的にステラワースの方がオススメです。正統派いちゃいちゃ!

 

 

 次回作がないと嘆いていたら今日新作が発表されてほくほくです。4枚買うと8000円……ためされてますね💪

 

次回作では無理でしょうが、個人的には磔の真尾さんと円メモの速水理玖がとても好きなのであの手のトーンのねっちょりどエロいのが……来て欲しいですが今回みたいなノーマルな作品でもなんでも良いのでシチュCD製作会社と乙女ゲーム製作会社はぜひ黒井勇さんの起用をお願いします……

 

 

ー・ー・ー・ー以下各トラックごと&特典簡易感想ー・ー・ー・ー

 

 

トラック1:少し低めの好青年ボイス。黒井さんの好青年というだけで貴重(褒めてる)

でもテリトリーの中に入ってくるな!とか小学生みたいなこと言いだして笑った。

トラック2:ヒロインのマズイ料理食べてるシーンが全体的に可愛い。卵焼きにマヨネーズは適量ならふわふわになっておいしいはずなんだけどな……笑

スーパーでヒロインの手をさらっとつなぐところ可愛い。

トラック3:はい寝言あざといはいありがとうございました

トラック4:告白シーンのヒロインが個人的にイライラ案件だったけど優くんに免じて許そう(何様)

トラック5:控えめリップ音_:(´ཀ`」 ∠):_  とか思ってたら唐突なBGMがクラッシャーだった笑

ヒロインへの口調が優しくなっててな……_:(´ཀ`」 ∠):_

トラック6:安心安定の黒井勇クオリティ。ここで安心安定と書けるのが嬉しい。イキ方がすごく自然になったね……(涙)あとちゃんとゴム付けてくれるのやさしい。

 

公式・メイト特典:ちょっと激しめのえっち。うんうんこれもいいね。カエレナイッとか言いながらヒロインがカエリマスした理由はまあよくあるよね笑  ちなみに私は入れない派です。

そいやこのCDお料理中のいちゃいちゃえっちないね。黒井さんのお料理中いちゃいちゃえっち好きなのに(磔メイト特典と円メモメイト特典の話です)

 

ステラ特典:正統派いちゃいちゃ新婚旅行!お風呂えっちかと思ってワクワクしてたら普通にベッドに運ばれた。のぼせたら危ないもんね。しょぼん。でも非常にえっちは正統派だったのでオールオッケーです。

 

Side Kicks!感想

※トロコン済み

※真相のネタバレはしてませんが恋愛面のネタバレはしてます。

※相変わらず語彙力はありません

 

 

 

 

 

 

 

 

トロコンはしたけどNOTESは二つほど埋まってません。なぜだ。

 

1周目は8〜9時間(共通4〜5時間、個別3〜4時間)くらいと一人一人のルートは比較的短めで、恋愛描写も全体的にあっさりだったので乙女ゲームとしての糖度を求めている方には物足りないと思います。

 ただシナリオ全体としては非常によくまとまっているのでプレイしていくうちに良いバランスだと感じるようになりました。

恋愛がおまけ、というよりは恋愛が日常の一コマとして溶け込んでる感じ。

 

というわけで本命キャラがいる場合は最初に攻略しないことをオススメします笑  

ヒロインに感情してキャラとのいちゃいちゃを楽しみたい方はなおさら。他のキャラで「サイドキックスでの糖度はこんなものか〜」と感覚掴んでから本命ルート行くのが吉。

本命キャラがいない場合は……チカorヒバリ→シシバ→リコがいいんじゃないかなと思います。なんとなく。

 

 繰り返しになりますが、全体的なシナリオの作り込み方がとても良かったと思います。最後真相のネタバレでびっくりはしたのですが、それまで感じていた違和感が真相で全て解消されたので。

ただやっぱり恋愛面はちょっと物足りなかったので続編……無理だよね……せめてFDを……お願いします……

初回特典CDがシーズン2でイヤイヤゴリ押しwwwとか思ってたけどあれは公式の良心だったね……。

 

システム面も未読もジャンプされてしまうところと好感度に関係ない選択肢があまりに多すぎる以外はそんなにストレスなかったです。章またいでのジャンプできないのもややめんどくさかったですが章ごとにはじめられるのでそこはまあいいのかな。

 

あととにかくスチルが美しい。恋愛面のあっさり感をスチルが補ってるところもあった。すめらぎ先生ありがとうございました。

 

間違いなく良作ではありますが続編が望めないのが寂しいところ。ウッ……せめてFDだけでも……

 

 

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー以下各ルート感想ー・ー・ー・ー・

 

 

○チカ

王道。そもそもこの作品全体が王道の刑事ドラマっぽいところあるんだけどその中でもお手本のような王道の恋愛展開。めちゃくちゃ褒めてます。

不器用ながらメンバー思いの熱いヤツ体力担当。

どうでもいいけど黒のワイシャツってエロくないですか。普通の立ち絵がめちゃくちゃえっちだなって思ってました(最低)

 

 

○ヒバリ

スケベ担当cv遊佐浩二。他のメンバーがセリフでのスケベ感が少ない(声優さんの問題でなくてボイス有りのセリフの割り振りの問題)分遊佐さんがスケベを担当してくださっていた気がする。けしからん(褒めてる)

 

 

○シシバ

不器用ながらメンバー思いの熱いヤツ知力担当。あと総合して可愛い担当。とにかくシシバは可愛い。でもエレベーターに閉じ込められたり浜辺でおっぱい揉まれたときはちょっとヒヤッとなりました。特に後者で2〜3年前の記憶で頭痛に悩まされた方は多分仲間です。握手。

でもエレベーターのシーンはめちゃくちゃえっちだなって思ったし上書きは恋愛ものに必要だよねうんうん。シシバは可愛いから許す。

 

中の人ファンなワケですが今回ちょっと鼻声が気になったのが残念だったかな。でも感情の振り幅が小さいシシバくんの微妙な感情変化を絶妙に表現してくださったところは流石だな、と。白井さんは技術的な面で引っかかりがなくなればバケモノになりそうな気がする。ぜひなってほしいです。

 

 

○リコ

あざとい担当。個人的にあまりこの手のキャラは好きじゃないんですが、それでもあざといなって思いました。あざといホントあざとい。

 

 

○ノラ

個人的に初見からずっと推してます。とても良いcv杉田智和。恋愛過程も一番ノラルートが好きだったかも。いやホントノラ良いから。ノラオススメします。

 

○タテワキ

タテワキルートは恋愛そのものより真相ルートだから……真相ルート行くと強制タテワキルートってずるいな。流石リーダー。

年齢差考えるともはや犯罪な気がしてくるけどイノリちゃん可愛いから許します。エクストラのイノリちゃんの服めっちゃんこ可愛かったです。

 

 

 

 

 

 

Dance with Devils 感想

※トロコン済みゆるゆるっと感想

※語彙力はありません

 

 

 

 

 

 

 

実はダンデビアニメがすごく好きでして、でもアニメが悲恋エンドだったのでゲームでレムリツを幸せにしてあげたい……!と思いつつなかなか手を出せていなかったのですが、年始のステラさんのセールで見かけて意を決して購入。

 

どのルートも楽しかったです!個人的にはレム・ローエン・メィジがお気に入り。やっぱり全年齢なら幸せいちゃいちゃハッピーなのがいいよね!でもバッドのヒドい展開(主にリンドとシキ)でもそれなりに笑えたのでまあ良かった……のか……?

 

今回はボイス目的じゃなかったのでボイスはあまり聴かずにさっくり飛ばしたのですが、じっくりボイス聴いていたら1ルート11時間前後かなあと予想。未読もジャンプしちゃう選択肢ジャンプがたまにキズですがスキップと併用しちゃえば問題ないです。

 

ホント全体的に良かったのでアニメ好きだった方はぜひぜひプレイなさってください。

秋に劇場版もあるみたいですし楽しみです。多分ぼっちで観に行きます笑

 

 

 

ーーーーーー以下ゆるゆるっと個別ルート感想ーーーーーー

 

 

○レム

そもそもゲーム買った理由がレムリツを幸せにしてあげたいからだったので、とにかくこの2人は幸せになって良かったね!と。

個別ルート入った辺りのあまりのもどかしさになぜか泣いてしまったのはここだけの秘密……笑  そこは黙ってハグしてチューしろ!!!とか言ってた記憶……8章のスチルだったかな……?

でもレムリツはそのもどかしさが良いなあとか思ったり。

 

そいやレムルート終わってからシチュCDも聴いたのですが、あまりにレムが浮かれポンチで笑いました……シチュCDとは……ダミヘとは……でも中の人がコメディって言ってたからいいんだと思います(?)

相合傘とか書いちゃうんだね……笑

 

○リンド

どうしてこうなった(主にアクマルート)

いや、うん、アニメの時から友人と兄ちゃんが一番やばいよねwwwと言い合っていたのですがゲームでも……シキとどっちがヤバイかな……笑

でもヒトルートでもリンドは要介護者だったからやっぱりリンドが一番やばい気がする……笑

他ルートでも度々協会に操られていてちょっと不憫な人やったな……笑

 

○ローエン

完全にダークホースでした。ありがとう鈴木達央さん。男が従者側の主従関係っていいよね。

ところでヒトルート1、さらっと同じ部屋に居てるけどリンド兄ちゃん何も言わんの?大丈夫?流石に高校卒業までは別室が良くない?大丈夫?(無駄な心配)

 

○ウリエ

……実は一番カゲが薄いんだ……ゴメン……笑

でもヒトルートよりはアクマルートのが好きだった記憶。アクマの眷属になって一度は心を閉ざすけど……って奴。

多分レムやメィジやローエンと比べると個別ルート後半まで非情さが目立った割に最後はやけにきれいにまとまっちゃったからリンドやシキほどのインパクトがなくなったのかな?と。

いやいい奴だけどね!?!?

 

○メィジ

いちゃいちゃ甘々ハッピーパラダイス!!!!!!!!!笑

アニメ5話でメィジいい奴やん?となった方には安心してプレイしてもらいたい。

個別ルートに入ってからも手と手が触れ合うだけでスチルになっちゃう純情ピュアピュアルートなレムルートと比べて潔くチューハグ祭り!!!だが許す!!!メィジがオトコマエだったから!!!笑

まあバッドはそれなりにちゃんとバッドだったけどね……でもメィジ君はいい男だ……

 

 

○シキ

どうしてこうなった(二度目)

いやでもヒトルートは普通に微笑ましかったよね。ウンウン。要介護者じゃなかったもんね笑

でもアクマ2エンドは普通にグロだったし電車の中でちょっと慌ててしまいました笑

碓氷真澄くんについて考えたこと

※語彙力はない

※A3!1章(春組編)・真澄カードバクステネタバレあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに週末に配信開始されたA3!ですが、今のところすごく楽しくやってます。やっぱりフルボイスストーリーは良いですね。ストーリーもしっかり練られていて、またキャラ同士の掛け合いが多いのはリベルさんの良さだなあと。

 

現在二章の終盤です。春組も夏組もメンバーバランスが考えられていてみんな可愛いです。秋組冬組も楽しみです。

 

白井さんがcvを担当されている碓氷真澄くん、実はリリース前はcv補正以上に好きになることはないと思ってました。

これまでヒロイン好き好き系キャラにハマったことがなかったですし、雑誌などでのストーリーチラ見せで嫌な子なのかな?と印象を受けていたので。

 

 

ですが蓋を開けてみたら、読み合わせまでにセリフ全部覚えているし、主人公のために夜中にカレー作る練習してる(しかも市販のルー使ってない)ような努力家の一面もあるし、

言葉はキツイし人付き合いが苦手というよりそもそもあまり興味がないようなところもあるけど、決して間違ったことは言わないし、

主人公にべったりかと思えば失恋したと思って避けちゃったり主人公に好きな人がいると勘違いして避けちゃったりするちょっといやだいぶ可愛い一面もあって。

 

 

あれ、思っていたより可愛い子だな!?!?と笑

 

 

そして個人的にすごく響いたのが「主人公の演技が好きで、だから自分も頑張った」というところなんです。

 

 

演劇に限らず演技をしたり音楽したり、あるいは小説や漫画のような創作をしてる人にも共通してくると思うんですけど、そういう表現に関わることやってる人にとって一番響く言葉って「○○さんの表現が好き」って言葉だと思うんですよ。

 

下手で大根で演劇を諦めていた主人公が成り行きで監督兼演出をすることになって。

自身の才能のなさに打ちひしがれて業界を離れたのに再び関わらざるを得なくなって、その葛藤も多少描かれていましたし。

 

そんな中で才能のある子にあなたの演技が好きで原動力になってるなんて言われて、あの瞬間主人公も成り行きでなくてちゃんと監督になれたのかな、と。

文章はさらっと書かれていましたが、あのシーンって主人公的にもかなり大きな意味を持ったんじゃないかなと思いました。

 

まあ何が言いたいかといいますと、真澄×主人公にハマることは絶対ないと思っていましたが、真澄くんが大学卒業する頃に結婚を前提とした交際の申し込みをして主人公と結ばれる未来が想像できるくらいになりました笑

 

私はそんな碓氷真澄くんを見守る祖母になりたいです。

 

 

まあでも基本クソみたいなノマカプ厨かつクソみたいな腐女子なので、普通にリリース前から推してたさくますとか、つづますとかも妄想してますけどね……笑  良くないですか?良いですよね?

 

 

ちなみに碓氷真澄くんの祖母ポジは確定したのですが、他のキャラだと至さん三好くん左京さん辺りが気になります。

至さん何しても許される顔面しててずるいですよね。でもイケメンだから許してしまいます。クズなのに笑

 

「セックスフレンズ」(CD)感想

※とりあえず本編視聴分のみ。フリト感想は聴き次第追加するかも。

※語彙力はありません

※当方は白井悠介さんのファンです

 

 

 

 

 

 

 

先に言っておきますと、賛否両論あるだろうことは理解しつつ、私はこのCD好きです。

 

 

多分今回のCDの賛否両論の「否」の9割は「白井さんに藤亜はあってない」になると思っているのですが、個人的には逆に今回の白井さんの藤亜を聴いて、原作で自分の中でも矛盾していた藤亜本来のイメージが再構築出来たんですよね。

 

というのも、確かにビッチイメージが先行している藤亜だともっと高い声の方にキャスティングがいったと思うのですが、藤亜って「身長179センチのイケメンモデルであり、実は飛び級で学位荒らし回ってた天才」なんですよね。

飛び級云々は次郎はじめとした周りの人しか知らないわけだけど、「機転の利いたこという」というイメージは一般の方にもついているわけで。

 

女性声に近い男性声優さんだと、もっとビッチでブリブリな藤亜にはなっていたかもしれないですけど、藤亜の世間的なイメージがおざなりになっていたと思うんですよね。

だから今回のキャスティングはビッチではなく、モデルとして、彼のバックグラウンドを踏まえた側の藤亜という視点でのキャスティングだったのかなあと聴きながら思いました。

 

原作読みながらそのギャップを埋めきれてなかったので、今回白井さんの藤亜で私は逆にしっくりきましたと。

 

 

それで肝心の濡れ場ですが、……満足しました!!!笑

ぶっちゃけ今回そんなに濡れ場の心配はしていなかったのですが、白井さんちゃんと気持ち良さそうで、でも場面場面で喘ぎ方やリップ音もちゃんと変えられてて、うん、よかったです。(語彙力)

イキ声が大幅に削られてるのは残念でしたが一応全年齢向けだからね……(´-ω-`)

 

 

あと白井さん、BLの間合いで喘げるようになったなあと。

 

「男子高校生、はじめての」の第5弾、あまり評判が良くなかったのですが、白井さんの喘ぎ方がBLというよりは乙女向けの間合いだなあと感じていたんです。

それまで乙女向けで培っていたテクニックそのものは悪くなかったんですけど、その間合いの違いが個人的には少し気になっていて。

 

「男子校REC!」で大分解消されてはいたのですが、まだちょっと間合いを掴みきれてない感じがあって。

 

男はじのアフターディスクとセックスフレンズ、どちらが収録先か微妙なところですが(個人的にはセックスフレンズが先だと思ってます)、前二作品を踏まえた上でちゃんとBLとしての演技をしてくださっていたなあと。

 

白井さん、1作品1作品ちゃんと糧にして下さる方なので、作品おっかけがいがあります笑

 

 

次のメイン作品も決まっているので、そちらも楽しみにしています。今回と違ってあまり好みのシナリオではないのが不安ですが……笑

 

 

 

 

 

○2/7追記

あまりに語彙力がなさすぎて読んでくださった方に申し訳なかったのでいくつか追記。

 

・シナリオですが、原作未読の方だとちょっと内容わかりにくいかも。原作既読でしたが、あの一冊を80分に上手くまとめてあったなあという印象でした。みくちゃんのエピソード削って他のエピソード膨らますのもありだったかもしれませんが、みくちゃんのエピソード好きだったので削られてなくて嬉しかったです。

 

・白井さん含め、キャスティングが良かったなあと。アイラジリスナーなので藤亜くんと、カメラマンや社長や共演者の絡みとかめっちゃニヤニヤした。山中さん兼ね役たくさんしてくださってありがとうございます。

八代さんとの演技の相性は良さそうだな〜と聴く前から思っていましたが、やっぱり良かったです。

 

・白井さんは誰かの力を借りなくても勝手に気持ちよくなれちゃうタイプの人だなあと(語弊ありまくり)