人生を迷走中

その辺に転がってる底辺オタクによる掃き溜め

VAZZROCK LIVE 2018 での白井悠介さんについて

※この記事は白井さんファンによる築二葉くん役の白井さんについてしか語ってないです。

他キャストの感想求めてる方は回れ右ー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今年Mマスもアイナナもヒプマイも諸々あってライブには一切行けてなかったので久しぶりの白井さんのライブもの参戦となりました。

 

本題入る前にパフォーマンスについて言及しますが、元々感情の高ぶりが全身に出る人ではあったけど、ステージで「魅せる」ということがあそこまで出来るようになってたんだ!?と驚いてしまいました。

ただの振り付けで終わらず、魅せたいものが明確に伝わってくるパフォーマンスで、あと指先のような細かな部分の使い方まで覚えてー!!!

防衛部からコンスタントに歌もののご出演があったわけだけども、パフォーマンスを「魅せること」にまで気を回せる方ってそんないらっしゃらないので、白井さんがちゃんと「魅せて」下さる方だと知れて純粋に嬉しかったです。

 

 

 

 

さてさて本題に。

白井さんの二葉くん観が昨日のライブまでちょっとみえてこなくて怯えていたんですけど笑、思った以上におっとり可愛い系に寄っていてびっくりしました。そうか、可愛いな、可愛いよ二葉くん(?)

でもVAZZYの「しっとり担当その2」なんだね?笑 凰香ちゃんはわかるけど優馬くんじゃなくて二葉くんがしっとりなんだ〜と意外でした。

しかし昨日はキャスコメ含め二葉くんトーン貫いててウワッ……可愛い……ってずっとなってました笑

 

 

歌について。(ここから長いです)

ユニット曲と、あとポーカーフェイス!ポーカーフェイスめっちゃよかった!二葉くんが一番明確に降りてきてたし死ぬほど可愛かった。早く音源が欲しいよー。

あと激走ラストのソロ部分歌詞間違えてましたよね?高まり過ぎたのかな笑

 

 

 

問題はソロ曲のもし神ですね。

元々白井さんって立ち上がり苦手な方だけど、もし神は二葉くんで歌うには少し歌いにくい(原曲もそんなに二葉くんのトーンで歌ってないですし)のかなとは思いつつ。

 

まー1番は特にズタボロでしたね!言葉は選びません!2番以降多少持ち直したけどまあ不安定だったかな。

2番以降は高音は割と出てたけど低音が出てなかったので、他の曲が二葉くんのキーで作ってたから余計低音でなかったのかなーと予測。普段はむしろ低音のが安定してる方ですけどね。

 

 

ただそのことについて、勝手にもし神のことだと仮定してるけど、白井さんから「個人的な反省」という言葉が出てきたのがこれまでとの歌もの作品からの大きな変化だなって思いました。

 

 

思えば3月のダブルディアストーリーズでゆーめいくのお二人と共演した時にも少し変化は見られてたけど、去年くらいまで白井さんの中で(ちゃんと取り組まれてはいたけど)歌はある種おまけというか、声のお芝居への付随事項でしかなかったと思うんですよ。

でもライブの機会が目に見えて増えて、その中で周りが歌唱を鍛えていくことに焦りみたいなのがみえていたのが3月で、だからあの日ステージ上では「俺ら(山中さん)もユニットやりません?」と言い出しておいて後々番組で撤回したのはもしかして悔しさ故かな?と少し思っていたのですが。

 

 

ツイッターで珍しく「個人的な反省」と書いていたのは、本当に昨日ステージでソロを歌いこなせなかったのが死ぬほど悔しかったからだと思うんです。個人的にもファンとして悔しかったし、上手く歌えないジレンマがステージ上から伝わっていたので。

 

 

でも歌についても悔しいという感情が出てきたのは、一つチャンスですよね。

 

 

 

これまでの白井さんの中に「歌」に関しては悔しいという感情は生まれてくるわけがなかったんですよ。言ってしまえばおまけなわけだし。

 

それに対して私も中途半端に歌を上手くなろうと手を出されるよりは、それよりも声のお芝居をしっかり見据えてほしかったし、歌に注力することで声のお芝居を疎かにだけはしてほしくなかったから、歌は白井さんの中でおまけであるなら、まあそれでも仕方ないよねで済ませていたんですね。

 

 

 

でも今白井さんの中で歌えなくて悔しい気持ちが芽生えたのなら、私は歌も真剣に鍛えて欲しいと思います。

 

 

 

一つは、今年目に見えて演技が変化して、これまで感覚でしかなかった白井さんの中での演技のあり方、みせたいと思うものがある程度明確に見えてきていて、それがしっかり音に乗るようになってきたと思ったから。

まだまだ伸ばしていって欲しいものはあるけれども、あの人の中で確立できてきたものがそう簡単に揺らぐとは思えないので、そろそろ他に目を向けても大丈夫ではと思えるから。

 

 

 

もう一つは、単純にあの才能を眠らせとくの勿体ないという私のわがままですね。

このブログでも度々言ってたましたが、白井さんの表現力は歌でも発揮されているし、多分めちゃくちゃ音感もいい方なんですよ。

歌詞だけでなくメロディーの情感まで汲み取って歌声に落とし込めるっていうのは一つの才能であるわけで。

あの人みがけば他の誰もが表現できない、誰しもが踏みこめるわけではない、歌を歌い上げられるポテンシャルを秘めているんですよ。ダイヤモンド(キャラ的にはトパーズですけど)の原石なんですよ。

原石を磨く気があるならそりゃもう磨くしかないし、磨いてほしいなっていう笑

 

今の白井さんなら歌にも意識を向けたくらいで白井さん自身の役者としての芯がぶれることはないし、歌を歌えなくて悔しい気持ちがあるんなら私は今なら是非やって!歌でも白井さんの持ち得る才能を思う存分発揮できる実力を身につけてほしいと心から思っています。

 

 

そしてもちろん他の歌もの作品でもだけど、きっと次回があるだろう「VAZZROCK」のライブの場で雪辱を晴らして欲しいと思っています。私も白井さんの今日のリベンジ待ってるよー!

 

 

 

 

 

……最後に。この件については言及するかめちゃくちゃ迷いましたがあえて書きます。

築兄弟としての振る舞いについて。

 

これはユニットCDの感想でも書いたけど、どちらかというと演技での掛け合いが得意ではない白井さんが、掛け合いだったらしいユニットCDでの山中さんとのやりとりに関しては、キャラも間合いの取り方も、むしろ掛け合いしてる方が二葉くんに入り込めているなーと元々感じていたわけですが。

(気になる方は過去ログ漁ってください)(不親切)

 

 

これだけは断言できます。昨日の白井さんの姿は間違いなく白井さんの中での「築二葉」の解釈です。

ただ、兄弟の距離感に関しては、相手が山中さんだったからこそだったのかなと思います。

良い悪いの話ではなくて、多分一紗さん役が山中さんじゃなかったら、昨日の他の5組のようにパフォーマンスとしての距離感で終わっていたのかなーとは思うので。激走とかね。

 

 

おしまい!